iTunes日記 取扱説明書



海外iTunes Store活用法

 
WELCOME!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



こっそりPLAYer



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

File378 Randy Travis

久しぶりにCountryを。

  Faith In You - Randy Travis

ドCountryじゃないので、苦手な人も大丈夫でしょう。
というより聞いてください、素晴らしいですから。
低音でのコロコロ転がるような心地よさ、たまりません。
詩も素敵ですね。

Around The Bend
Around the Bend


File377 Asia

評判いいですね。
Asiaといえばやっぱり評価が高いのはファーストとセカンド。
同じメンバーが集結するのは25年ぶりだそうです。

 Never Again - Asia

コレはもう、イントロ聞いただけであの頃へ連れて帰ってくれます。
それにしてもクオリティーの高い楽曲を集めたものです。
おすすめの曲がたくさんありますので是非一聴を。
拍手!

フェニックス
フェニックス


File376 Jesse McCartney

絶好のタイミングで新作を発表します。
Leona LewisのBleeding Loveの作者です。
でも、この新曲はThe-Dreamの作品。

 Leavin' - Jesse McCartney

ん~・・・。かっこよすぎ。
アイドルとして売られてしまったらかわいそうな気もしますが、
とりあえずは売れるのが先ですかね。
この曲はiTunesのチャートアクションもとてもよいし、
作品の質も高いのでブレーク必至でしょう。

Departure
Departure


File375 John Mayer

じわじわどっかーんという感じです。
昨年11月に発売され、地味にチャートを上がっていたのが
ここへ来て爆発です。
Billboard Top 100で先週の35位から12位に急上昇。
Top10入りは目前です。

  Say - John Mayer

Jack NicholsonとMorgan Freemanという演技派二人が主演した
Rob Reiner監督による映画「The Bucket List」のために書かれた曲。
日本では5月10日「最高の人生の見つけ方」という邦題で公開予定です。
見に行かねば。

Continuum
Continuum


File374 Cornelia Grolimund

メロディーは「夢見るシャンソン人形」なんですが
歌詞が違います。
ドイツ語ですので何を歌っているのかさっぱりです。

 Das Puppenhaus - Cornelia Grolimund

Canada Storeで見つけたのですが、
1996年発売の曲のようです。
題名は「人形の家(小さな家)」のようです。
久しぶりにFrance Gall引っ張り出しますか。


File373 Tiffany Evans

ついに発売になりました。
「Star Search」出身、ホントは昨年夏にデビューアルバムを出すと
アナウンスされていたのにようやくです。

  Promise Ring - Tiffany Evans

CiarraをFeaturingしています。
この曲はアルバムに先駆け、昨夏にリリースされていたものです。
アルバムと同時にプッシュされているのは
Bow WowをFeaturingした「I'm Grown」ですが
ボクはこの曲のほうが好きです。
なんかKandiの「Don't Think I'm Not」に似ていませんか?
って覚えてないかなぁ・・・。

Tiffany Evans
Tiffany Evans


File372 ABC

1997年以来ですから実に11年ぶりのアルバムです。
そこからのファーストカットがこの曲。

  The Very First Time - ABC

ABCとバンドを名乗っているものの、実体はMartin Fryのソロプロジェクトです。
Trevor Hornプロデュースの1stを彷彿とさせるドラマチックな仕上がりで
’80を懐かしむむきには感涙ものです。

Traffic
Traffic


File371 Colby O'Donis

Akon、絶好調ですね。また新しい才能を探し出してきました。

  What You Got - Colby O'Donis

弱冠20才、未知数ではありますがこの曲に関して言えばAkon色が強すぎかな。
まぁ、その分間違いなくヒットするでしょうが。
聞いて損の無いできばえです。
ちなみに彼の名前を検索すると、もう少し小さい子が多々ヒットするのですが
同一人物なのかなぁ・・・。


Colby O'Donis

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

File370 Carolina Liar

Swedenという国は、ABBAを生んだことでも分るように、
非常に良質なPopsが生まれる国です。
そんなSwedenからまた一組、絶対ブレークするとボクがにらんでいるのが彼ら。

  Show Me What I'm Looking For - Carolina Liar

SwedenのiTunes StoreにもないのにCanada Storeにあります。
アルバムは6月発売。
日本でも発売されることを強く望みます。

Coming To Terms
Coming To Terms


File379 The Kooks

'06デビューのThe Kooks。
2枚目のアルバムからのファーストカットがこの曲です。

 Always Where I Need to Be - The Kooks

このアルバムで本格ブレークするなぁと予感させる良作です。
覚えやすさもピカイチ。要チェックです。

Konk
Konk


File368 Fergie

いつからでしょう、こんな消費者をバカにした売り方が始まったのは・・・。
アルバム発売→売れる→何曲かシングルカット→また売れる→アルバムに新曲追加・・・
発売と同時に買ったファンをないがしろにしています。
それでも今までなら新曲を何曲か追加したりDVDつけるくらいでした。
この人の場合、ついに4回目のリニューアル。あきれてしまいます。
最初に買ったファンのためにもCDシングルにするとかすべきです。
と、文句は言いつのったものの、新曲はアルバムの中でもピカイチの出来だったこの曲。

 Finaly - Fergie ftr. John Legend

John LegendをFeatureしているというのでてっきりDuetかと思ったらPianoでした。
Fergieはこのアルバムを初回→DVD付き→3曲新曲追加と出してきているのですが
また、新曲4曲追加でさらに今までのPVすべてをDVDにしてつけて発売するそうです。
まだ、新曲の内容は分らないのですがアクドイですよねぇ。

プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS(初回限定特別価格)


File367 Michael Jackson

こんにちは。
今日からこちらで記事を書かせていただきます。
1日1曲、ボクのおすすめ曲を紹介していきます。
気になったら左サイドバーの”こっそりPLAYer”で全曲聞いてください。
気に入ったらiTunesのリンクへ飛んで購入してください。
さて、基本的に新曲を紹介していくのですがたまに古い曲を紹介したりもします。
一番手は何にしようか悩んだのですがこんな曲を選びました。

We Are The World - Michael Jackson

初っぱなから古い曲で申し訳ないのですが、コレはMichael
Jacksonのソロバージョンです。
アレンジもシンプル、Michaelの声も下手なエフェクトかけていない分、歌のうまさが伝わります。
最近は奇行ばかりが話題になってしまいますが、ホントに歌がうまい人です。
アルバムの制作が進んでいるようですので楽しみに待ちましょう。


The Ultimate Collection


The Ultimate Collection



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。