iTunes日記 取扱説明書



海外iTunes Store活用法

 
WELCOME!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



こっそりPLAYer



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

File496 Paul Freeman

プロフィールを紹介できないアーティストの曲を

紹介することがままあります。

どんな人なのか解説できないのは歯がゆいのですが

そんな、ちまたに情報のあふれる前の人を紹介するのも

このblog運営の醍醐味ではあります。

 You And I - Paul Freeman

高音のファルセットがとてもきれいです。

最近、男性SSWが豊作ですね。

 


File495 Ladyhawke

デビュー曲の「Paris Is Burning」が話題になった、

Ladyhawkeのニューシングルです。

’80っぽいのはたぶん使っているシンセの音のせいでしょう。

Roland系の音ですね。

 Dusk Til Dawn - Ladyhawke

シンセの代わりにディストーションギターでも使えば

かなりRockな雰囲気に変貌しそうな

エッジのきいたポップソングです。

Ladyhawke
Ladyhawke

 


File494 Shontelle

彼女について分っていることは

今年Motownからデビューしたこと、

RihannnaとDuetしていること。

その他不明。

調べ方が悪いのかなぁ。

 T-Shirts - Shontelle

PV見る限りでは若そうです。

曲もかくようですが、残念ながらこの曲は自作ではありません。

Beyonceの「Irreplaceable」に似た切ない系Love Song です。


File493 Will Young

UKのオーディション番組「Pop Idol」出身、

3年ぶりのアルバムからのリードシングルです。

 Changes - Will Young

古き良きSoulを思い起こさせる曲を

見事な歌唱で聞かせてくれます。

澄み渡る秋の空のような曲です。

Let It Go
Let It Go


File492 James Doman

Red Carpetのヒット曲「Alright」のカバーです。

空耳だと分っていても・・・。

  Everything's Gonna Be Alright - James Doman

Oh My,Oh Myと繰り返しているのですが、

ボクには”オッ*イ、*ッパイ”としか聞こえません(笑)。

百聞は一聴にしかず、です。

ぜひ。

Everything's Gonna Be Alright
Everything's Gonna Be Alright


File491 Gptye

40年前にタイムスリップ。

80年生まれの人がこんな音作るなんて!

ちまたでは”新世代のBeck”などと呼ばれているようですが、

ボクとしては真意をつかみかねています。

本人はどう思っているんでしょうね?

 Learnalilgivinanlovin - Gotye

フラワーロック(踊る花の方じゃありません)が好きだったら、

この曲は間違いなくツボでしょう。

ライク・ドローイング・ブラッド
ライク・ドローイング・ブラッド


File490 Daniel Powter

”勝ち”が約束されています。

こんなイイ曲作っちゃったら文句言えません。

 Best Of Me - Daniel Powter

「Bad Day」は世界的な大ヒットとなり、

ここ日本でも洋楽ながらずいぶんと耳にしたものです。

そんなプレッシャーにもめげず、

こんな曲を届けてくれるとは、

この人、本物かもしれません。

アンダー・ザ・レーダー
アンダー・ザ・レーダー

 


File489 Jem

4年前に「They 」をヒットさせたJem。

セカンドアルバムからの曲です。

 It's Amazing - Jem

シングルとしてカットされたのは「Crazy」なのですが

この曲は映画「Sex And The City」のサントラで

一足先に紹介されています。

メランコリックないかにも彼女らしい曲です。

アルバムもバラエティーに富んだ楽曲がそろっていて楽しめます。

Down to Earth
Down to Earth


File488 Ne-Yo

機能のThe DEYに引き続き、

最近お気に入りのアルバムから1曲。

HyamimiPlayerには「Dirty Mix」をいれてあります。

 Miss Undependent - Ne-Yo

デビューからずっと激甘バラードで攻めていたN-Yoですが

今作からのファーストカット「Closer」はフロア向けチューンでした。

今までのNe-Yo好きからはブーイングだったようですが、

とても良くできた曲でボクは大好きです。

セカンドもフロア向けといえばいえるのですが、

「Closer」より甘い味がします。

アルバム、いいですよ。

イヤー・オブ・ザ・ジェントルマン(初回限定特別価格)
イヤー・オブ・ザ・ジェントルマン(初回限定特別価格)


File487 The DEY

以前、「She Said」という曲を紹介したことがあるのですが

8月の末に日本先行でアルバムがリリースされました。

なかなか良いアルバムでしたので最近よく聞いています。

HMVでもよく売れているようです。

その原動力となっているのがこの曲。

 Give You The World - The DEY

前回紹介したときFugeesになぞらえたのですが、

彼らほど実験性はなく、どの曲もヒットポテンシャルの高いものです。

この曲も聞いていただけばわかりますが元ネタはE.W.&F.の「Fantasy」です。

USよりも日本で人気の高い曲ですね。

見事に甦らせています、必聴!

ザ・デイ・ハズ・カム(期間生産限定盤)
ザ・デイ・ハズ・カム(期間生産限定盤)


File486 Wyclef Jean

For Venus Williamsです。

そう、テニスの。

日本でも錦織の活躍や伊達の復活で

かなりテニス人気が盛り上がっています。

黒人であり、オトコ顔負けのパワーテニスプレイヤーであり、

ひとつの時代を切り開いたのは彼女でしょう。

その後、妹の方が活躍してしまいますが、

ボクもWyclefと一緒、Venusのファンです。

 I'm Ready(Venus Song) - Wyclef  Jean

アルバムはとてもいい出来だったのに、

ファーストカットを間違えてヒットし損ねました。

ちなみこの曲は未収録です。

Carnival, Vol. 2: Memoirs of an Immigrant
Carnival, Vol. 2: Memoirs of an Immigrant


File485 Chicane vs. Natasha Bedingfield

Natasha Bedingfieldの大ヒットデビューアルバム、

そこからの4thシングル"I Bruise Easily"と、

Chicaneの"Saltwater"の合わせ技。

全く違和感のない素晴らしい出来です。

  Bruised Water (Michael Woods Edit) - Chicane vs. Natasha Bedingfield

最近この"vs”表記多いですね。

アンリトゥン(3ヶ月限定デビュー・プライス)
アンリトゥン(3ヶ月限定デビュー・プライス)


File484 T.I.

既にNo.1を3週続けています。

とはいってもTop100に登場してまだ4週です。

 Whatever You Like - T.I.

アルバムもバカ売れ、

客演引っ張りだこ、

向かうところ敵無しです。

Paper Trail
Paper Trail


File482 Eric Prydz

Steve WinwoodのValerie、

Pink FloydのAnother Brick In The Wall Pt.2、

次は?と思ったら軽くかわされました。

  Pjanoo - Eric Prydz

今回はインスト。

なんとも心地のイイ曲で、

ずっと体を揺らしていたい気分になります。

これはRadio Editより長尺のものを聞くのが正解です。

Pjanoo
Pjanoo


File482 Brandy

前作は

彼女のキャリアからいえば

売れ行き上初の失敗作。

内容は実験的ではあるのですが、

何か覇気というものが感じられず、

レーベルも力入れてないなぁ、

と 思うプロモーション活動しかしませんでした。

でも今回のアルバムからのファーストカットはイイです。

 Right Here (Departed) - Brandy

相性抜群のRodney Jerkinsがソングライトしています。

レーベルを移籍して仕切り直しの

11月発売のアルバムが楽しみです。

“Right Here (Departed)” cover

 


File481 Madonna

茶番が始まり、

毎日メディアを賑わせています。

ある候補はこう叫びました「Change!」

キムタクのドラマを意識してのことと思われますが

党利党益を一番に考える方々に何ができるのでしょうか?

それともボク達に「変われ!」と言ったのでしょうか?

 Miles Away - Madonna

最近は使わなくなりましたが、

女性候補を「マドンナ候補」と

呼んでいた時期がありましたね。

Hard Candy
Hard Candy


File480 Alphabeat

'80sのにおいがプンプンします。

UKでヒットしたデビューアルバムからの

4曲目のカットです。

 Boyfriend - Alphabeat

今までカットしてきた中で

一番ポップでボク好みです。

アルファビート
アルファビート


File479 Artists Stand Up To Cancer

これまでに紹介した中で

もっとも長いArtist名です。

 Just Stand Up To Cancer - Artists Stand Up To Cancer, mariah, Beyonce, Mary J. Blige, Rihanna, Fergie, Sheryl Crow, Melissa Etheridge, Natasha Bedingfield, Miley Cyrus, Leona Lewis, Carrie Underwood, Keyshia Cole, LeAnn Rimes, Ashanti & Ciara

「ガンに立ち向かおう!」という

キャンペーンのチャリティソングです。

スゴイメンツです。


File478 M.I.A.

おもちゃ箱をひっくり返したような、

そんな表現がまさにぴったり。

USでも最高5位の大ヒットとなりました。

 Paper Planes - M.I.A.

Missing In Actionの頭文字をとったM.I.A.

ぶっ飛びキャラではありますが要注目のアーティストです。

カラ KALA
カラ KALA


File477 Pleasure P

一番よかった頃の

K-ci & Jojo のようです。

一人ですが(笑)。

  Pleasure P - Did You Wrong

最近アルバムを発表したPretty Rickyから

Solo転向第一弾です。

これなら一人でやっていけます、太鼓判!


File476 The Saturdays

うまく使ったものです。

Yazooの名曲、

'80sのUKチャート好きならはずせない1曲

「Situation」をサンプリングして

とってもアイドルチックなポップソングに仕上げています。

 If This Is Love - The Saturdays

5人組のガールズポップ・グループです。

元S Club 8のメンバーが2名加入しています。

UKでは最高8位でしたので、デビュー曲としては成功でしょう。

If This Is Love
If This Is Love


File475 Mishon

弱冠16才のシンガーです。

 Excuse Me Mama - Mishon

声変り終了でこの声なら、

ぐっときちゃう人が多いのでは?

天使の歌声といわれたTevin Campbellも

声変わりしてただの歌のうまい人になってしまって

人気が落ちちゃいましたから、ちょっと心配。

Excuse Me Mama

 


File474 Melee

昨年、あちらこちらで

これは思わぬ収穫だ!

と、絶賛されたMelee。

なぜか今頃、USでこの曲がカットされました。

 Built to Last - Melee

何回聞いても名曲です。

ニューアルバム出さないのかなぁ。

Devils & Angels
Devils & Angels

 


File473 Olivia Newton-John

やーーーーーーーーっと、

iTunes Storeのカタログに追加されました。

ボクの3大フェイバリットの1人、この人です。

 Isn't It Amazing (With Sun Ho) - Olivia Newton-John 

5月に万里の長城を歩くチャリティ・イベントに合わせて発売された

デュエット・アルバムがワールドワイドで発売されます。

当初のジャケットには彼女の写真が使われていなかったのですが、

今回はしっかり、シワもシミも美しいOliviaの姿が見られます。

このアルバム、とっても素敵な曲がたくさんあります。

なかでもボクのお気に入りはこの曲。

一緒に歌っているSun Hoはシンガポールのシンガーだそうです。

Celebration in Song
Celebration in Song


 


File472 David Moore

ちょろっと調べただけでは

どういう経歴の人なのか

探ることができませんでした。

でも、イイ曲だから、聞いて欲しいから

紹介しちゃいます。

 Breaking You Down - David Moore

My Spaceに彼のページはあるのですが

Profileが載っていません。

名前で検索しても同姓同名が多すぎてどれが彼のことやら・・・。

写真は老け顔ですが、若そうです。


File471 Lindsey Buckingham

先日Fleetwood Macを紹介したときにお約束した

この人の新曲を。

 Did You Miss Me - Lindsey Buckingham

彼独特のエスニックな感じはありませんが

少し哀愁を帯びたポップなメロディは健在です。

このままFleetwood Macの新曲として出しても

何の違和感もありません。

Gift of Screws
Gift of Screws


File470 LL Cool J

これはもう全く別の曲です。

File438で紹介した曲の別バージョンです。

 Baby (Rock Remix) - LL Cool J

前回紹介したバージョンは作者でもあるThe Dreamをフィーチャーしていましたが

今回はBonJoviのRichie Samboraが参加しています。

思いっきりRockしていてこっちが好きな人も多いのでは?

と思わせるGJです。

Exit 13 
Exit 13



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。